HOME>◇ジェモポリス拡張10年計画

新着情報バックナンバー

◇ジェモポリス拡張10年計画
2006/08/09
タイ国初の宝石・宝飾品工業団地”Gemopolis(ジェモポリス)”は今後10年間に100億バーツを投資し、大規模な拡張を行う方針です。2007年にスタートする10年計画では、バンコクの新空港、スワンナプーム空港から4kmの敷地に、トレードセンター、ショッピングモール、ホテル、サービスセンター等を含む複合施設を造る予定です。凡そ600ライ(1ライ=約1500平方メートル)の敷地に造成される複合施設は、バンコクのシーロム地区からも車で30分程度という立地から、観光客だけでなくバンコク及び近郊の住民もターゲットとしています。現在のジェモポリス・モールには19社が入居しており、本年の収益は50億バーツに達する見込みです。第一期開発の成功を受けて、第二期では既に4億バーツを32区画の工場ショッピングモール建設に充てています。2007年初頭にもオープン予定の同モールは既に区画の半分は予約済みです。2007年には各35区画の第三期、四期工事を開始する予定で、新規工事には4億8千万バーツを投じる見込みです。現在低級ジュエリー市場は中国・インドとの厳しい競争にさらされているため、ジェモポリスでは熟練工を養成するトレーニングセンターを設立し、入居タイ企業の高級ジュエリー市場への参入を促進しています。タイ国ジュエリー産業には現在凡そ120万人が従事し、1千億バーツ以上を輸出しています。ジェモポリスでは、世界市場でのタイ企業の競争力を高める為、官民より支援を受けジェモポリス・トレーニング・センターを、中小企業事務所の支援により宝石輸出・製造業起業支援センターを設立しています。
◇News Source-The Nation 2006年8月9日

PAGE TOP