HOME貿易関連情報タイ国概況/タイ国輸出産業タイ国の輸出産業・タイ政府主催国際見本市等の情報>〜タイ国のギフト・雑貨・家庭用品〜

タイ国概況/タイ国輸出産業

〜タイ国のギフト・雑貨・家庭用品〜

バンコク東部のバンコク国際貿易展示場(BITEC)にて4月と10月年2回開催されております、ギフト&雑貨専門の「バンコク国際ギフトフェア」と家庭用品専門の「バンコク国際家庭用品フェア」は、次回2014年10月に開催致します。new

2014年10月タイ国最大規模のギフト産業フェアが開催されます。

Biggest Desgin Sourcing Ground in all of ASEAN

 


 

 

タイ国バンコクにてタイ政府主催のギフト・雑貨・家庭用品の国際見本市が開催されます。タイ国各地の素材を活かしたモダン・オリエンタルなインテリア雑貨はじめ、若手デザイナーのセンスが冴えるファッショナブルなインテリアアイテムやファッション雑貨、注目のアロマ・ヒーリング・ハーブ製品に到るまで、タイ発トレンドアイテムを一同にご覧に入れます。

 

アジア地域でもっとも注目を集めるギフト&ホーム・デコレーション産業の展示会である本フェアは、この度38回目の開催を迎えます。タイならではのバラエティに富んだモダン&オリエンタルスタイルの展開を予定しております。

 

ギフトと家庭用品の2つの分野が同時開催される本フェアはタイ国及び全世界より多くのバイヤーが訪れる、まさに必見のイベントです。本フェアには、凡そ600社1600ブースが出展する予定です。ギフト、プレミアム商品、ホーム・デコレーション、アートフラワー・プラント、手工芸品、家庭用品、スパ製品、ホーム・テキスタイル、玩具、文具に加え、環境にやさしい製品、エコロジカルな製品コーナーでは国際的な安全基準を満たした環境に配慮した製品をご覧に入れます。

 

タイが得意とするナチュラル素材製品、トレンド雑貨をお探しの方は是非この機会にバンコクへお越しください。インテリア&ライフスタイルに至るまでの幅広いアイテムをご覧に入れます。

 

また今回は、特にホテル、ウェディング、スパなどのホスピタリティ業界向けに、新たなコンセプト展示コーナーを設けております。

 

タイ政府が発信する新コンセプト ホスピタリティ・オブジェクト・タイランド(H.O.T.)

 

企画展示H.O.T.は、建築や様々な分野のデザイナー等60社以上が加盟するデザイン&オブジェクト協会によってタイ国政府商務省国際貿易振興局(DITP)の支援の下、1999に立ち上げられました。本フェアではこのH.O.T.の大々的なコーナーを設け、”FANTASY / FUN-TO-SEE(ファンタジー&見る楽しさ)”をテーマにタイ国のクリエイティブな最新デザイン製品をご紹介致します。本コーナーはタイ国政府商務省国際貿易振興局(DITP)内のタイ・デザイン&イノベーション促進協会の支援の下、”FantAsia & Futuristic Hotel Space Design"ゾーンにて展示を行います。また、本フェアではタイインテリアデザイナー協会、デザイン・オブジェクト協会による新世代デザイナーの手による製品の展示も行われる予定です。

 

その他予定されている展示コーナー: The Innovation Plus Design Style Cafe Talent Thai Asia Talent & T-style I-SAAN Objects

 

◆38th Bangkok International Gift Fair 2014/Bangkok International Houseware Fair 2014
◆第38回バンコク国際ギフトフェア2014/バンコク国際家庭用品フェア2014


 

商談日:2014年10月19日(日)〜21日(火) 10.00-18.00
一般公開日:2014年10月22日(水)〜23日(木)10.00-21.00

 

会場バンコク国際貿易展示場(BITEC)

主催タイ国政府商務省国際貿易振興局(DITP)、タイ国政府ファッション・ライフスタイルビジネス開発事務所
後援:タイギフト・プレミア&デコラティブ協会タイ玩具協会タイ家庭用品貿易協会北部ハンディクラフト製造業者・輸出業者協会(NORMEX)タイ文具・オフィスサプライ協会デザイン&オブジェクト協会ホームデコラティブデザイン協会

出展品目:アートフラワー・プラント、ポプリ、クリスマス用品、装飾品、キャンドル、ギフト、インテリア雑貨、ハンディクラフト、ホームテキスタイル、布製雑貨、家庭用品、玩具・ゲーム、文具、その他

展示面積:4万平米
出展企業:タイ国内外の関係企業約600社/1,620ブース(見込み) 

*前回(2014年4月)開催時出展企業リスト

オフィシャルホテル

オフィシャルホテル-フェア会場BITEC間無料シャトルバススケジュール

 

※日本各地のタイ国政府商務省国際貿易振興局(DITP)出先事務所では上記展示会への来場者の皆様に、展示会への事前の入場登録(無料)、事前商談アポイント(無料)、商談に伴う通訳手配(実費有料)等を承ることが出来ます。詳しくは所轄の日本国内タイ国政府商務省国際貿易振興局(DITP) 出先事務所までご連絡下さい。

 

■■■事前入場登録頂いた方へのサービス■■■
※事前にフェア入場登録頂ければ入場用ID番号を発行します。フェア開催中こちらのIDをお持ち頂くと フェアへのご入場がスムーズです。尚ID番号はお一人様あたり一番号必要となりますので、複数人数でご来場の方は、ご来場者すべてのお名前で登録手続きを行って下さい。

※事前登録を頂いた方のみを対象とした各種サービスをご用意しております。(ランチクーポンや無料フェアカタログ等)詳しくは会場受付にてご確認ください。

フェア商談日入場用の事前参加登録をご希望の方はお早めに所轄の日本国内タイ国政府商務省国際貿易振興局(DITP) 出先事務所までご連絡下さい。

 

◆九州・沖縄県の方は、こちらから申し込み用紙をダウンロードして頂き、必要事項をご記入の上、タイ国政府貿易センター福岡(FAX:092-751-6522)までご返送ください。折り返しID番号を発行致します。

 

尚、2006年4月開催時の本フェアでは、下記日本人専門家とタイ国インテリア雑貨メーカーとのコラボレーションにより開発された製品の特別展示コーナーが会場内に設けられました。
  専門家:北河原 純也(キタガワラ ジュンヤ) 氏
   (有) アートリソース 代表 ライフスタイルプランナー
  ◆北河原 純也氏プロフィール
  ライフスタイルプロデューサー、イベントの企画プロデュース、インテリアメーカー、
  伝統工芸品の商品開発に伴うプランニングを手がけるなどライフスタイル全般の企画提案を中心に
  活動中
   2002年 「タイ国工芸品対日輸出支援JETRO(日本貿易振興機構)プロジェクト」の
        商品開発日本側代表として活動
   2003年 タイ国中小企業に対してのマーケティング専門家として指導
   2004年 JICA(国際協力機構)貿易推進・商品開発専門家として活動
   2006年 1月 タイ国政府貿易センター福岡主催セミナー(開催地:福岡)にて
         「タイ国ギフト商品の魅力と日本向け商品開発について」講演

■第10回 福岡インターナショナル・ギフト・ショー2014 タイ国ブース出展募集のご案内

九州最大規模のパーソナルギフトと生活雑貨の国際見本市「福岡インターナショナルギフトショー」では、2013年タイ国ブース出展企業を募集しております。尚2012年より美と健康をテーマにした「福岡国際ビューティー・ショー」との同時開催となります。

 

◆両展示会共、外国籍企業や外国製品輸入企業の出展に際して、支援を受けることが可能です。詳しくは各展示会の【海外支援金制度のご案内】をご参照ください。(タイ国政府貿易センター福岡ではタイ国籍企業およびタイ国製品のみをご出品頂ける企業についてタイパビリオンとしてPRを行います。)

 

■主催: 株式会社 ビジネスガイド社

 

■特別後援: 福岡市、福岡商工会議所、財団法人福岡コンベンションセンター

 

■会期:2014年6月9日(月)・10日(火)・11日(水)/ 10:00 〜17:00 ※11日(水)は一般入場可
(同時開催): 第3回 福岡国際ビューティー・ショー2014(略称FIBS)

 

■ 開催場所: マリンメッセ福岡 福岡市博多区沖浜町7−1(展示面積9,100平方メートル)

 

■来場目標数: 22,000人(業界関係者のみ)
※同時開催の「福岡国際ビューティー・ショー」の来場者も相互入場致します。


お問い合わせは
(株)ビジネスガイド社福岡ギフト・ショー事務局
TEL:03-3843-9901(直) FAX:03-3847-9436
E-mail:d-haga@giftshow.co.jp

 

■第20回国際文具・紙製品展(ISOT) タイ企業出展のご案内

 

この度、タイ国政府国際貿易振興局の取りまとめにより、タイ企業6社(出展企業リスト参照)が出展する運びとなりました。タイパビリオンでは、ファイル、ノート類を中心とした紙製品、筆記用具等の文具をご覧にいれます。

上記展示会にご来場ご希望の方は、下記オンライン来場登録をご利用になるか、タイ国大使館商務参事官事務所 担当:河合(Tel:03-3221-9482, kawai@thaitrade.jp )までご連絡ください。

皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。

敬具

<<開催概要>>

◆展示会名:第20回国際文具・紙製品展(ISOT)

◆会期:2009年7月8日(水)〜10(金) 10:00〜18:00

◆会場:東京ビッグサイト 

入場料:3000円(招待状をお持ちの場合は無料)

    オンライン来場登録

出展企業リスト:出展企業リストへのリンク

主催:リード エグジビション ジャパン株式会社

特別後援:社団法人全日本文具協会

主催者サイト

タイ国政府貿易センター福岡主催セミナー
〜タイ国ギフト商品の魅力と日本向け商品開発について〜
◆開催日時:2006年1月18日(水) 14:00-16:00 
◆会場:福岡商工会議所301会議室

タイ国政府貿易センター福岡では、特に商品のバラエティが豊富なギフト製品を中心として、タイ製品の魅力と日本向けの商品開発について東京より専門家を講師に迎え、セミナーを開催致します。
 「タイ国ギフト商品の魅力と日本向け商品開発について」 
■ 主催:タイ国政府貿易センター福岡    
■ 日時:2006年1月18日(水) 14:00〜16:00 (受付13:30〜)
■ 会場:福岡商工会議所301会議室 地図
      〒812-8505 福岡市博多区博多駅前2-9-28 Tel 092-441-1110 
      JR博多駅 博多口より 徒歩約10分 地下鉄祇園駅 5番出口より 徒歩約5分
■ 入場料:無料
■ 講師:北河原 純也(キタガワラ ジュンヤ) 氏
   (有) アートリソース 代表 ライフスタイルプランナー
  
参加ご希望の方はこちらから申込書をダウンロードの上、必要事項にご記入頂きFAXにてタイ国政府貿易センター福岡宛にご返送下さい。タイ国政府貿易センター福岡 : FAX:092-751-6522

IFFT/インテリア ライフスタイル2013 タイパビリオン10社出展のご案内

名  称:IFFT/インテリアライフスタイル リビング
主  催:メサゴ・メッセフランクフルト(株)

会  期: 2013年11月6日(水)〜 8日(金) 

開催時間: 11月6日(水) 10:00〜 19:00 (カクテルアワーをお楽しみください。)

        11月7日(木) 10:00〜 18:00 11月8日(金) 10:00〜 17:00

会  場: 東京ビッグサイト 東ホール

入 場 料: 2,000円(税込) ただし、オンライン来場事前登録者および招待状持参者は無料。

タイランドパビリオン出展企業リスト(10社)


『第77回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2014』タイ国ブースにてOTOP製品出展

タイ国政府商務省国際貿易振興局(DITP)では、2014年2月5日(水)〜7日(金)の3日間、東京ビッグサイト全館で開催される日本最大のパーソナルギフトと生活雑貨の国際見本市 『第77回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2014』に、タイ国各地方で伝統に培われ、生み出されたOTOP(一村一品)製品を展示致します。
詳しくはこちらをご覧ください。

 

第77回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2014

 

日本最大のパーソナルギフトと生活雑貨の国際見本市
◇テーマ: 創造と発見、世界に広げよう新しいギフトの輪
◇会期:2014年2月5日(水)〜7日(金)
◇開催時間: ●5〜6日 10:00AM−6:00PM  ●7日 10:00AM−5:00PM
◇主催: 株式会社ビジネスガイド社 インターナショナル・ギフト・ショー事務局
      〒111-0034 東京都台東区雷門2-6-2 ぎふとビル
      TEL:03-3843-9854(代) 03-3843-9851(直) FAX:03-3843-9850
      E-MAIL:n-haga@giftshow.co.jp
◇会場: 東京ビッグサイト(全館)
      東展示棟東1〜6全ホール
      西展示棟西1〜4全ホール、アトリウム

      〒135-0063 東京都江東区有明3-11-1
◇入場対象者: パーソナルギフトマーケットに携わる国内外の流通関係者
◇来場見込み: 200,000人(春2013実績:来場者数 延196,105名)
◇ 入場: 無料(事前登録制) ※無料招待券ご請求はこちらから
◇出展企業見込み: 約2,400社

◇タイパビリオン:東館第5ホール 東5ES-18 9社企業リスト 商品イメージ・解説


*タイ国の一村一品運動 (タイ国各地の産品・製造者・販売業者が検索できます。)
タイ国政府貿易センター福岡では2002年に引き続き、タイ国の”一村一品運動”開発製品をインテリア雑貨中心に下記展示会にてご紹介致しました。

サイアムセレクション2003
Siam Selections 2003 -One Village One Product Collection Part 2
期間:2003年7月15日(火)〜20日(日) 10:00-20:00
会場 IMSビル 7階JETROインポートスクエア
雑貨のトレンド
"エスニック”→”オリエンタル”→”オリジナル”

エスニックブームから火がついたアジアの雑貨人気ですが、タイの製品は高いクオリティと大人っぽい、スタイリッシュな独特の”オリエンタルスタイル”を確立し欧米を中心にアジアムーヴメントの中心的存在となっています。さらに、”オリエンタル”の枠にとらわれない若手デザイナー達の台頭により、タイらしい素材を遣いながら、暑い国ならではのクールな感触を取り入れたものなど、明確なコンセプトを持つ、デザイナーの個性が強く反映されたGOODSが新たなトレンドを生み出しつつあります。

◆Saa Peaper:サーペーパー
"サーペーパーとはクワの木を原料に作られた、タイの和紙に当るものです。機械漉き・手漉きの違いにより独特の凹凸のある表面の風合いが変わってきます。また、花や葉などが漉き込んであるものもあり、この加工の程度により、"サーペーパー" ワイルドな感じから、シックで落ち着いた雰囲気まで様々な表情を醸し出します。
紙の持ち味を生かしてそのままラッピングペーパーに使ったり、ノート・アルバム・レターセットなど、ちょっと個性的なステーショナリーアイテムとして楽しむのもしゃれています。また、インテリアデコラティブとして、アートフラワーやランプシェード等にも使われます。日本の和紙とは一味違った雰囲気の"サーペーパー"はカラーバリエーションも豊富ですが、一方で未染色のナチュラルな風合いを生かしたものやモノトーン、ゴールド、シルバー等を効果的に使ってシックにまとめたモダンな感じのものもあります。

◆Wooden Decoratives木製品
チーク、ローズウッド、ラバーウッド等個性的な素材の揃ったタイの木製品
最近人気のアンティークチーク素材の小物では、ワインホルダー等ハイセンスな生活雑貨が、ローズウッドは、ココナッツシェルと組み合わせた箸やスプーンなど、カトラリー類が豊富です。新顔のマンゴーウッド製のモノはモダンで美しいライン、個性的なカタチの花器などが新鮮な感じです。また、カリンの仲間であるローズウッドからは、幹のこぶ状の部分の独特な美しい木目を生かし、ペン立て、小物入れ、レタースタンド、フォトフレーム等、デスクトップを彩るアイテムが作られています。木製品以外にも、前述のココナッツシェルや竹製品や、水辺の葦(アシ)の仲間等を使った製品は、ベーシックなカゴ類から箱やトレイ等、そのバリエーションの豊かさと、丁寧な仕上がりが魅力です。

◆Pottery & Ceramic 陶磁器
タイ国では伝統的な物から現代的なデザインの物まで優れた品質の陶磁器製品をお求め頂けます。代表的な陶磁器はタイ北部のチェンマイやランパンを中心に生産されており、陶磁器以外にはボーンチャイナやテラコッタ製品なども作られています。その名が”5色”という意味を持つ金彩&エナメル遣いも鮮やかなベンチャロン、青リンゴのような美しい色合いが魅力の青磁”セラドン”や、タイ料理店などでおなじみの青絵付け”ブルー&ホワイト”、”すんころく”として知られる多様な釉薬遣いと装飾文様が特徴のサンガロークなど、タイ独自の伝統の焼き物には数多くのスタイルがあります。最近では化学釉を用いたカラフルなセラドン・スタイルのものや、伝統の技にモダンなデザインを取り入れたものが人気を呼んでいます。プランターなどのガーデニング用品やキャンドルスタンドなど、現代人にとっての癒しの空間に和やかな雰囲気と、さりげない高級感を与える事が出来ます。

◆Candles キャンドル
マーブル模様のカラフルなものや、シックな色合いでインテリアのアクセントになるものなど様々なバリエーションが楽しめるタイのキャンドルですが、欧米のものとも異なる独特のおしゃれな雰囲気のものが増えています。サイズもテーブルセンター向きの、香りのしないかなり大き目のものから、くつろぎの空間を演出するエッセンシャルオイル入りのちいさなサイズのものまで揃っています。レモングラスやエキゾチックなジャスミンなどのエッセンシャルオイルが入ったものは、おしゃれな雰囲気だけでなく、アロマテラピー効果も楽しめます。様々なハーブ入りやフローティングキャンドルも生活空間のアクセントとして最適です。

◆Textile 布製品
タイを代表する布製品といえば"タイシルク"ですが、やさしい肌触りのコットン製品も人気のアイテムです。特に手織りのコットン製品は、機械織ではだせない手作りの味わいがあり、テーブルマットやクッション、ポーチや小物入れ等、個性的なスタイルを楽しめます。また、エキゾチックな玉虫いろの光沢が魅力のシルク製品は、ヨーロピアンスタイルだけでなく、和風アイテムとの相性も良く、独自のモダン&オリエンタルスタイルを贅沢に演出します。最近ではヘンプ(麻)素材のものも人気です。
タイ国ギフト・雑貨・家庭用品業界団体ウェブサイト(英語:加盟企業リスト有り)

タイ国の輸出産業・タイ政府主催国際見本市等の情報へ戻る

PAGE TOP