HOME貿易関連情報タイ国概況/タイ国輸出産業タイ国の輸出産業・タイ政府主催国際見本市等の情報>タイ国の一村一品運動

タイ国概況/タイ国輸出産業

タイ国の一村一品運動

OTOP CITY 2013

*標記フェアは開催延期となりました

 

会期:2013年12月16日(月)〜25日(水) 会場:IMPACT

一村一品フェア2013 ( OTOP CITY 2013)


タイ国の一村一品運動にて生まれた様々な商品が一同に集うフェアとしてOTOP CITY2013が開催される運びとなりました。

本フェアでは、タイ国の伝統に培われ生み出された数々の製品が出品されます。タイ国の繊細な芸術的文化、独自のライフスタイルを反映したユニークで、クオリティの高い製品をご覧に入れます。

 

今回は通常のタイ国内の一村一品運動製品に加え、タイ国はじめアセアン、アジア各国の一村一品運動開発製品もご覧に入れます。本フェアはその場で商品をお買い求め頂けますのでサンプルをお探しの方におすすめです。 また、会場内にて商談も可能です。入場登録は不要ですが、事前に商談アレンジをご希望の方は12月4日(水)までに所轄のタイ国政府貿易センターまでご連絡下さい。

*(2013年12月9日現在)


◆OTOP CITY 2013/一村一品フェア2013


◆会期
2013年12月16日(月)〜25日(水) 10:00〜21:00(開催延期となりました)
◆会場インパクト(IMPACT)
(タイ国ノンタブリ)
◆主催:タイ国政府商務省国際貿易振興局(DITP)
◆出展者(予定):タイ国、アセアンおよび中国、日本、韓国、モンゴル、ネパール、ブータンの
            一村一品運動(OTOP)製品メーカー・輸出企業
◆出品内容(予定):ギフト、ハンディクラフト、衣料品、ファッションアクセサリー、ハーブ・スパ製品、食品・飲料等

展示面積(予定):6,000平方メートル
出展ブース数(予定):300(内50ブースはタイ国外製品予定)

◆入場料:無料

本フェアへご来場の皆様へ
◆本フェアは一般公開日のみの展開となりますので、輸出企業が輸出向け製品のみを出品するタイ国政府商務省国際貿易振興局(DITP)主催国際見本市と異なり、タイ国内向けの製品や、地域で生産が始まったばかりで輸出はこれから、という製品も多く出品される予定です。

◆一般公開日のみのフェアですが、出展者により輸出商談が可能な場合もございます。
◆一般向けフェアですので、出品商品はその場で購入可能です。
◆お問い合わせは日本国内の最寄のタイ国政府商務省国際貿易振興局(DITP)事務所までご連絡下さい。フェア会場での入場登録の必要はございません。
◆タイ-日商談通訳の手配(実費)や、フェア会場以外での商談・企業訪問アレンジなどをご希望の場合、上記事務所までお問い合わせ下さい。

 

◆2012年開催時出展者リスト:タイ国首相輸出企業賞OTOP(一村一品)輸出承認賞受賞企業

 輸出対応レベル(Aグレード)OTOP製品生産者
ギフト・雑貨類 食品 飲料 ファッション・アクセサリー 非食用ハーブ製品・スパ製品




1999年当時タイ愛国党党首であった現首相タクシン氏によってタイ国各地の地域振興・インターネットの活用と普及を目的としたホームページが立ち上げられました。このホームページは2000年には正式に”Thai Tambon.com”としてスタートし、2001年より大分県をモデルとしたタイ国版”一村一品運動(One Village One Product)”はタイ国首相が中心となり国を挙げての展開を進めており、現在タイ国全土で7405村(タンボン)の16000余りもの製品を同サイトでご覧頂く事ができます。

タイ国の一村一品運動(英語)

タイ国各地の“タンボン(最小の行政区分)“より集められた情報を元に構築された本サイトは、一村一品運動の一般的な情報から、輸送システム・製品・他様々な関連情報を掲載しています。また、ホテルやレストラン等タイ国各地を訪問する際に便利な情報もリンクしています。

Thai Tambon.comはタイ国の産品を海外のバイヤーに紹介し、タイ国の生産者と海外のバイヤー双方に新たなビジネスチャンスの場を提供します。さらに、海外のバイヤーとの商談・取引を通じて地方の産品・製品のレベルアップを図る他、将来の電子商取引への展開も目指しています。また、タイ国各地方へのインターネット技術の導入・振興も本事業の目的の一つとして現在タイ国内務省の指導の下に展開が進められています。

 

TOT E-market (タイ語)OTOP製品の e-Commerceサイトです。(現在はタイ語のみ)

PAGE TOP

タイ国の一村一品製品

タイ国各地独自の職人の技、その土地に産する素材への驚嘆の念、そして先祖代々受け継がれてきた独創的なセンス−これらが渾然一体となって価値ある逸品が生み出されて行きます。

中央部
地元の植物であるウォーターヒヤシンスの繊維や亜麻、つる草、竹、ヤシの葉、アシ等の素材を生かし、手先の器用な地元の人々が心を込めて手作りしています。

北部
霧深い山々の連なるタイ北部では木彫品が盛んに作られています。手織りの布や銀器も山岳少数民族を中心とする北部の伝統文化を代表する製品です。ナチュラル素材から生み出される数々の逸品の中でも、とりわけ手漉き和紙は北部を代表する製品と言えます。

南部
きらめく太陽−亜熱帯の海−ヒスイ色の山々と河 − 大自然に恵まれたタイ南部ではココナッツやラバーウッド等の素材を生かしアートフラワーやアクセサリー、家庭用品等が作られています。ガマの仲間やパンダーナス、リーパオなど地元の水辺植物繊維を編んで生み出される製品が特徴的です。

東北部
乾いた北部の大地では、暑期や雨期になると村人達が機織りに精を出します。タイ東北部最大のナコンラチャシマ県では地元の陶土を生かし、有名な陶器”Dan Gwian焼き”を製造しています。

これらの手工芸は米作や養殖・漁業等、季節労働の合間に収入を求める手立てとして行われてきました。伝統に培われた、正確で手際の良い腕を持つ職人達の手によって”傑作”とも呼べるハイレベルな製品が作り出されています。

各地方独自の素材と製法を生かすことはもとより、一村一品運動では、服・家庭用品・アクセサリー・インテリア雑貨等、あらゆるライフスタイルにマッチする様々なタイプの製品を創りだしていく事を旨としています。

カゴ類等手編み製品・木製品・陶磁器・アートフラワー ・フレグラントソープ&キャンドル・布製品 ・パルプやパイナップル、その他の繊維を生かした紙製品 ・ココナッツの殻及びヤシの木製品・その他様々な製品があります。

関連情報

日本国内展示会

 

■タイ北部OTOP製品(一村一品)企業商談会 及び タイフェスティバル大阪への出展・販売のご案内

来る2013年5月16日(木)〜19日(日)、タイ国政府商務省貿易振興局チェンマイ事務所(DITP)率いる、タイ北部OTOP(一村一品)製品企業20社が大阪を訪問し、下記の要領で、商談会およびタイフェスティバル大阪への出展(物販)を行います。タイの魅力あふれる商品の数々を直にご覧いただける絶好のチャンスです。是非、この機会にご参加・ご来場下さいますよう、ご案内申し上げます。


サイアム・セレクション2003 −タイ国の一村一品− 2003年7月15日(火)〜20日(日)
2002年に引き続き、タイ国の一村一品運動開発製品をご紹介しました。

タイ国の輸出産業・タイ政府主催国際見本市等の情報へ戻る

PAGE TOP


貿易関連情報